医療の発達が生んだ男にとって魔法の薬・バイアグラ

江戸時代には四つ目屋などに代表される性具店にて様々な精力剤やセックスサポートグッズが販売されていました。早漏や勃起力低下に悩む江戸男子たちはこぞって買いに行っていたそうです。現代でも性の悩みというのは色々とあるもので、特にED問題は多くの男性を悩ませています。果たして今の世に生きる男たちはどのようにして最大の敵・勃起不全を克服していけばいいのでしょうか?

【男の悩みには色々とある】

性に関する男の悩みというのはどのようなものがあるのでしょうか?例えば短小や包茎というのは男性のプライドにも関わってくる大きな問題です。
大きさが全てではないとはいえ、やはり小さいペニスというのは恥ずかしいと思ってしまうことでしょう。増大サプリや器具を使って伸長させたいという人はたくさんいるのです。包茎であれば専門のクリニックに足を運んで外科手術によって皮を切り取ることを決断する人も少なくありません。
他にも男にとって最大とも言える悩みが存在しています。それは誇りであるペニスが勃起しないという状態、つまりEDの問題です。男にとってこれは非常に悩ましいものであり、性的機能を果たせなくなれば「男として役に立たない」という劣等感すら感じてしまうことでしょう。

【江戸時代と現代の違い】

江戸時代にもやはり勃起で悩む人はたくさんいました。当時は歳を取っているから衰えると考えられていて、体力作りや精力増強に努めることが改善方法と考えられていたようです。日本最古のアダルトグッズショップである四つ目屋では東洋医学的な漢方の知識を駆使して配合された様々な精力剤・媚薬も販売されていました。一定の効果はありましたが、EDとなると決定的な効果を上げられなかったのも事実です。
現代においては医学的な研究が進み、EDは病気と認識されて原因や予防・治療方法も明らかになってきています。事実、今の世の中を生きる勃起不全で悩む男性たちは専門クリニックでの治療により確実に症状の改善を果たすことができるようになっているのです。

【勃たない自分を奮い立たせる!】

江戸時代においてはスッポンやタツノオトシゴなど漢方薬の服用による精力増強が勃起回復の糸口でした。医療が進んだ現代では、EDにはバイアグラなどの治療薬の処方が最良の方法であることがわかっています。血管を拡張させ海綿体が血液を吸収し、勃たなかったペニスを奮い立たせることができるようになったのです。もしも江戸時代にバイアグラがあったのならば、魔法の薬として重宝されたかもしれませんね。