江戸時代のラブオイル『通知散』ってどういうもの!?

アダルトグッズにも色々とありますが、挿入をスムーズにさせるアイテムと言えばローションです。愛液の分泌が良くない女性が性交痛を和らげるために使用したり、アナル性交やオナニーなど幅広く活用することができるアイテムです。ヌルヌルとした独特の感触が楽しいものですが、実は江戸時代にも似たような役割を持つアイテムがあったということを知っていますか?

【ローションの持つ役割とは?】

ローションとはそもそも性生活においてどのような役割を持つものなのでしょうか?最も一般的な用途としては男女それぞれの性器に塗って性交をスムーズに行うサポート的なものでしょう。歳をとると女性は愛液の分泌が弱くなりますから、性交痛を無くすためにローションは必須のアイテムと言えます。またヌルヌルとした感触が独特の性感を与えてくれることもあり、男女のオナニー用としても活用されています。
性風俗の世界でも例えば素股の時であったり、マットプレイでは全身に塗りたくったりしますよね。ローションはエロの世界では今やなくてはならないアイテムとなってきているのです。

【江戸時代のローション『通和散』】

今でこそローションは一般的なアイテムですが、江戸時代ではどうだったのでしょうか?そもそも存在していたの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。当時は通和散というものがローションと同じ役割を果たしていました。
江戸時代は男色がごく普通の性文化として存在していました。男性同士の性交は肛門を使うことになります。しかし女性の膣と違って肛門は潤滑液を分泌することはありません。よって当時は唾液によってペニスと肛門を濡らしていました。
しかしできることならばもっと効率の良いもの、唾液よりもヌルヌルしたものが欲しいと思うのが世の常と言うものです。そこで登場したのが通知散と呼ばれるものでした。製造していた業者によってレシピはまちまちですが、例えば葛粉や卵白を混ぜたものであったり、トロロアオイの根を粉末状にしたものであったりしたようです。葛粉、トロロ両者ともにヌルヌル成分を持っていますから、肛門性交時に程よい潤滑油として重宝したようです。

【ヌルヌルとした感触を楽しもう!】

通和散は男色家の間で流行りましたがもちろん女性とのセックスでも使われていました。独特のヌルヌルによってスムーズに挿入することができ、しかも自然の成分だから体にも害がないということで非常に人気を博したようです。
現在でもローションは天然成分を使って体に良いものばかりです。使ったことが無い人も中にはいるかもしれませんがぜひ一度試してみてください。独特のヌルヌルが新たな性的快楽や好奇心を満たすきっかけになるかもしれませんよ!