今も昔も風俗では女の子選びがとっても大切!

風俗店には実に様々な女の子が在籍をしています。美人だったりスタイル抜群だったりする子もいれば、顔はイマイチだけど性格が良いとかテクニックがスゴイとかいう子もいます。どんな女の子を選ぶか、これは風俗遊びをする上でとても重要なことでありじっくり時間をかけるべき部分です。現代風俗ではどのような女の子と遊ぶことができるのかをご紹介いたします。

【今も昔も風俗遊びは女の子が重要】

江戸時代、男たちは疑似恋愛を楽しむために吉原に通っていました。遊女と遊ぶとなるとどうしても「セックスをする」というイメージを持つかもしれませんが、実際のところ江戸っ子たちは吉原の女に惚れて惚れられたいから通っていたのです。ですから、どんな女性と遊ぶのかというのはとても重要なことで、顔やスタイルだけでなく性格や会話の面白味など『疑似妻』としての器量をしっかりと計ることに重きが置かれていたのです。
現代の風俗遊びは江戸時代に比べると「性を売る」というイメージが強くなっています。とはいえ中にはオキニ嬢をつくって何度も足を運び男女の疑似恋愛を楽しむという男性も少なくありません。たとえ刹那的に性を謳歌する遊び方だとしても、プレイ中のちょっとしたコミュニケーションや性格の合う合わないというのはけっこう重要なところです。テクニックが素晴らしくても言葉使いや態度が酷い女性と遊びたくない、それは現代の男たちも同じ考え方を持っていると言えるでしょう。

【バラエティに富んだ現代風俗嬢たち】

現代の風俗嬢たちは非常にバラエティに富んでいます。素人やロリ系といった清楚で可愛らしい女性もいますし、今時のギャルっ子やスタイル抜群の美人お姉さん、家庭を持っている人妻熟女、さらには外国美女たちとも遊ぶことができます。顔もスタイルも性格も国籍も、様々なものから私たちは選ぶことができるのです。江戸時代の吉原ではある意味で様式美としての遊女がありましたが、今の時代の風俗はより「リアルな女性たち」と遊ぶことができるとも言えるかもしれませんね。

【風俗嬢を選ぶ際のコツやポイント】

選択肢の幅が広いということはとても素晴らしいことではありますが、逆に言えばそれだけ悩む要素も多いということになります。自分に合った女の子と遊ぶためにはじっくりと時間をかけて選ばなくてはいけません。
風俗嬢選びのポイントはいくつかありますが、例えば写真やプロフィールはあまり鵜呑みにしない方が良いでしょう。特に画像に関しては加工技術が上がっていますから正直アテにはなりません。可愛らしい美白美人かと思いきや、会ってみたら地黒のギャル系なんてこともあり得ない話ではないのです。ホームページや店頭の写真やプロフィールはあくまでも参考程度にとどめておきましょう。
よりリアルな女の子の情報を得るためにはネットの口コミなどを活用してみてください。プレイの内容や性格などをレポートしてくれる先人たちはたくさんいます。全てが正しいわけではありませんが、一つの参考にすることはできるでしょう。