江戸では勃起力も早漏も秘薬で解決!?

疲れたサラリーマンの味方といえば薬局で売っている栄養ドリンクではないでしょうか。実際に効くのかどうかは微妙ですが、気分的になんとなく元気になる気がすることでしょう。また夜の営みの時には精力剤などを飲むことがあるかもしれません。マムシドリンクでたくましい勃起を!なんて意気込む人もたくさんいるのではないでしょうか。
現代では体力や精力増強のためのアイテムがたくさんありますが、江戸時代はどうだったのでしょうか?当時の精力剤についてご紹介していきます。

【江戸の性を支えてきた四つ目屋】

両国に店を構えていた四つ目屋は江戸時代の性文化を支えてきた存在の一つです。日本最古のアダルトグッズ屋であり、オナホールと非常に良く似た吾妻型や牛の角や木材を使った張形(バイブ・こけしのようなもの)を販売していました。
店舗内は他人の顔をわかりにくくするために薄暗くするなどの配慮もされていて非常に人気があったようです。また現代でいうところの通販・デリバリーも行っていて、気軽に店頭に足を運べない大奥や武家の奥女中といった女性たちにも性具を販売していたようです。
男性からも女性からも愛されてきた四つ目屋は、まさに江戸の性文化を支えてきた縁の下の力持ち的存在と言えるでしょう。

【勃起力不足と精力増強】

四つ目屋では性具の他に様々な薬を販売していました。勃起力や精力不足というのは江戸時代でも男性にとって大きな問題でした。四つ目屋ではそうした江戸男子に向けて様々な強壮剤を販売していたのです。今でも精力剤に入っているマムシやスッポンのエキスを抽出したものはもちろん、トナカイの角だとかタツノオトシゴを乾燥させた漢方的なものも販売していたようです。
現代ではEDには専門クリニックで処方されたバイアグラを服用するのが当たり前になっていますが、当時は四つ目屋などの性具店などで売られている精力増強剤を飲んでいたということですね。

【早漏男子に人気だった長命丸】

四つ目屋の中でも人気の商品だったのが長命丸と呼ばれるものです。ペニスに塗ることで感覚をマヒさせて早漏防止をするためのお薬だったようです。成分にはアヘンや硫化水銀などが含まれていて、今では明らかに劇薬と言えるものです。当時はまだまだ医学的レベルが低い時代ですから毒性の有無などよりも、感度を鈍らせてイキにくくするという効果のみが重宝されたということでしょうか。もちろん今ではこんなお薬は販売することなどできません。