吉原の中では擬似恋愛

ソープランドでソープ嬢を指名したら断られるということは、普通はありません。現在の風俗では、基本的には客に決定権があります。しかし、吉原では違っていました。吉原は、「セックスを売るところ」ではなかったからです。「愛を売る」場所ですので、男が振られることもありました。

【江戸っ子は遊女に惚れるために吉原に通いました】

江戸の社会は封建制のシステムで、武士から商人にいたるまで、こまかく身分が決められていました。しかし、吉原の中でだけは、階級はまったく通じません。一歩大門をくぐれば、武士も町人も農民も、みな平等の扱いです。腰に刀をさした武士たちも茶屋にあがるときには両刀を預ける必要がありました。

腹が立っても刀を振り回すことすらできませんでした。見世の中で権威を振りかざすこともできません。吉原のなかでは、一番偉いのは遊女です。どんなに身分の高い人も、お金を持っている人でも、遊女がいやだと言えば会うことすらできませんでした。

ただし、「切見世」「銭見世」と呼ばれる吉原のはずれにある安遊女は異なります。遊女は最低ランクで、単に射精させてもらうためだけの見世ですので、情緒もなにもありません。吉原に通う江戸っ子たちの基本的な心持ちは、「情緒を楽しむ」であり、遊女に惚れて通うことを楽しんでいました。

【初対面ではセックスはできません】

「切見世」以外の遊女屋には、吉原ならではのしきたりがありました。吉原では、初対面の相手と性行為をすることはありませんでした。「初会」は一緒に酒を飲むだけです。気位の高い遊女の場合は、飲み食いすらせず話を聞くだけです。つまり、吉原では最初の1回目はお金を払って遊女と飲むだけです。

2度目に吉原に入るときには、前回と同じ遊女のところへ行くことになっています。吉原では、一度あった遊女以外の女性と会うことはできません。いわば「一夫一婦制」です。2回目のときにもセックスはできませんが、1回目よりは打ち解けた間柄になることができます。

3回目に会うことを「馴染み」といい、ここで初めて遊女から名前で呼ばれるようになります。ご祝儀である「馴染金」を払い、自分専用の箸を作ってもらいます。これで「擬似夫婦」の関係が結ばれ、ようやく性行為。帰る際には、遊女が大門まで見送ってくれます。3回通って「夫婦」関係をつくり、4回目以降は「愛する妻のもとへ帰る」感覚で、吉原通いは続くものでした。

遊女に気に入られるために、客は様々な手練手管を用いたそうです。センスのいい文を交わしたり、気の利いた贈り物をしたり。また、セックスでも遊女を満足させるために当時の強精剤として知られていたオットセイのペニスの粉末やハチミツを飲んでいた男性もいたことでしょう。現在でも風俗嬢に対して恋愛感情を持つケースは時々あるようですが、女性に気に入られるためにすることは同じだったようです。とはいえ、当時はモノを手に入れるのが難しかった時代ですから、よほど経済的に裕福な御仁でなければ遊女の気を引くのも難しかったでしょう。一般人でも、ネットでプレゼントを買うことも、クリニックでバイアグラなどの処方を受けるのも簡単になった今の世に生まれたことを幸運と思うべきかもしれません。

吉原は「性」だけを売る場所ではありませんでした。擬似恋愛、擬似夫婦の感覚を楽しませる場所です。ロマンを売っていたとも言えるでしょう。