遊女の値段

遊女の料金のことを「揚げ代」(あげだい)とか「玉代」(ぎょくだい)と言いましたが、吉原の揚げ代は、岡場所に比べて圧倒的に高いものでした。「惚れてしまえば千里も一里」と言うとおり、吉原の「擬似結婚」のシステムは江戸っ子たちを狂わせ、高額な費用にも関わらず、多くの男性達を引きつけました。

【ピンからキリまでの揚げ代】

吉原で上級クラスの遊女の揚げ代は1両1分程度ですが、品川祝の飯盛女ならそこそこの遊女で700文。1両は4000文ですので、およそ6倍だったわけです。千住や板橋の飯盛女なら200文程度、夜鷹と呼ばれる道端にいる私娼なら24文だったといいます。そば1杯が16文程度ですので、夜鷹はそば二杯にも満たない価格で性を売っていました。

吉原の揚げ代は、中級クラスで1分2朱~3分。1文を20円で現在価値に換算すると3万円~6万円程度です。その下のクラスで、1分~2分(2万円~4万円)。「花魁」(おいらん)と呼ばれるのはこのレベルまでです。「大夫」クラスの上級遊女は10万円程度でした。これだけの揚げ代を支払っても、2回目までは性行為はありませんし、これに加えて料理(台の物)の料金がかかりました。

吉原の中でも堀に沿ったエリアは安い見世が並んでいますが、「切見世」と呼ばれる時間いくらで商売する遊女屋の場合、線香一本分の時間が100文(2000円)。しかし、線香3本分くらいの時間がないと性交までいたらず終わってしまうので、400文(8000円)程度が相場だったと言われます。同じ川岸沿いには川岸見世という安い遊女屋もあり、2朱(1万円)程度で楽しめました。

【揚げ代以外にかかる料金】

中級クラスの見世の場合で、料理(台の物)の料金が1分程度(約2万円)かかります。つまり、2分(4万円)の遊女と遊ぶためには3分(6万円)かかったわけです。

3回通って「馴染み」になる際には「馴染み金」を支払いますが、中級クラスで2両2分(20万円)程度でした。このうち、遊女の手取は6割程度で、残りは、引手茶屋や見世の下男などに配られます。さらに、馴染みとして枕を交わすことになると、「床花」と呼ばれる祝儀を渡すしきたりがあります。床花はチップなので、客が自分で金額を決めますが、相場は5両~10両(40万円~80万円)と高額です。

中級クラスの遊女と馴染みになるには、毎回揚げ代と台の物で6万円払い、馴染みになる時には総額60万円~100万円程度の祝儀が必要だったということです。

吉原の料金は、岡場所などの遊女とは比較にならないほど破格に高い料金体系でした。それでも男たちは「擬似夫婦」の魅力にとりつかれて吉原通いをやめられませんでした。