明治時代はアダルトグッズ不遇の時代だった!

江戸時代には現代と同じように華やかなアダルトグッズ文化が存在していました。ではその間の時期というのはどうだったのでしょうか?実は江戸から明治に入ってから大人のオモチャは大幅に規制を受けてしまったのです。なぜそのようなことが起こってしまったのか見ていきましょう。

【明治時代、オナニーは忌むべきものであった】

江戸時代というのは一つの文化として性に関する様々なことはおおらかに受け入れられていました。しかし鎖国が解けて明治時代に突入するとその状況は一変します。吉原にいる女性たちのほとんどが"人身売買"によって売られてきた事実が諸外国から問題視されてしまったのです。欧米列強と肩を並べることが最大の目的であった明治政府にとって前時代的な吉原・性文化というのはあってはならないものとなります。明治5年に『芸娼妓解放令』が出されて売春を目的とした人身売買が禁止されたのです。
そうした風潮の中で性に関するあらゆるものは「汚らわしいもの」として考えられるようになりました。例えばオナニーは忌むべきものとされてしまったのです。オナニーのことを自涜や手淫と日本語で言います。実はこれらは明治時代から使われている呼び方で「自らを汚す行為である」という意味が込められているのです。性に関するものが政府にとって忌み嫌われていたかここからもわかるのではないでしょうか。

【アダルトグッズが取り締まられた!】

このような背景の中、明治時代には性風俗に関するあらゆるものが規制されていくことになります。裸体を見せる行為や男女の混浴、胸を出す女相撲などが禁止されます。また当時のエロ本である春画やアダルトグッズである性具たちも規制されていくのです。
春画に関しては多くが処分されてしまいます。名作とされたいくつかの作品は海外の富裕層コレクターの間で生き残り現在でもなんとか観ることはできます。現存しているとはいえ華やかな性文化の一端が外国にしか残っていないというのは悲しいものですよね。
性具もあらゆるものが没収されていきます。明治政府にとってアダルトグッズは「世の風俗を乱すもの」として認識されてしまったのです。その徹底ぶりは凄まじく、例えば商売繁盛の縁起物として売られていた張子までもが没収されて処分されていったのです。

【取締りの中もアダルトグッズは生きていた】

とはいえ、性風俗自体が全くなくなってしまったというわけではありません。売春に関しては明治政府が管理することで一定の繁栄を保つことができましたし、性具も細々とではありますが密かに販売されていました。そもそも風俗店での使用を前提としたものに関しては禁止されていなかったので、業者専門の卸売として存在することができたのです。もちろん風俗店以外にも隠れて売っていたのは間違いないわけなのですが。

おおらかだった江戸の性文化から一転し、エロを徹底的に規制した明治政府。アダルトグッズにとっては不遇の時代と言えますが、それでも生き残ることができたのは日本人の中にある不屈のエロパワーのおかげかもしれませんね。