人気を呼んだ江戸時代の精力剤

下半身の元気がなくなったとき、役に立つのが精力剤。この便利なアイテムは江戸時代の頃すでに存在したらしく、精力に悩む男の心の支えになったといわれます。ここでは、江戸時代に活躍したさまざまな精力剤を紹介します。

【有名な長命丸】

江戸時代に重宝された精力剤で、一番有名なのは、長命丸とよばれる媚薬でしょう。この製品は、「日本初のアダルトショップ」として有名な四ツ目屋というお店で売り出され、多くの男性に活用されたといわれます。

長命丸は塗布薬として用いられました。立ちの悪くなった性器に塗って、勃起をほどよく刺激。皮膚を襲うピリピリとした感覚と同時に、感度がアップし、勃起の維持に効果があったといわれます。

長命丸にはどんな成分が使われたのでしょうか?なにぶん資料が不足しているため、正確なことは分かりませんが、一説によるとアヘンや硫化水銀が使用されていたそうです。当時としては医学知識も乏しく、リスクを知らないでそれらの薬に手を出した可能性は否めません。しかし、江戸で一番の人気を誇るくらいですので、それなりの効能はあったのでしょう。

現代には、バイアグラのような優れた勃起薬があるので、そんな危険な精力剤にすがる必要はありません。高度な医療水準の時代に生まれた境遇を感謝したいですね。ただし、バイアグラも医師の処方を受けることが大切なのは、言わずもがなですが。

【オットセイの強壮剤】

江戸時代には、オットセイの睾丸を原料にした精力剤も出回っていました。オットセイは昔から精力旺盛の動物として知られ、戦国武将もオスのペニスから作った強壮剤を重宝したといわれます。オットセイは一頭のオスが多くのメスを抱える一夫多妻制で、1日に5頭くらいのメスと交尾する精力絶倫ぶりはとくに有名です。そんな尋常でない精力のパワーにあやかり、現代においてもオットセイ素材の精力剤は大変人気です。

江戸時代に書かれた「大和草本」によると、オットセイの睾丸や膀胱、へそを一緒に取り出して飲み薬に加工して服用すると効果があったそうです。「食用簡便」にも、オットセイの睾丸や膀胱、へそは男性の精力増強に一定の効果が期待できると述べています。睾丸や膀胱などは分かりますが、へそにもその力が秘められていることは少し意外な気もします。

【山椒魚も強壮?】

現在は国の天然記念物に指定されている山椒魚も、江戸時代では特別な強精を持つ生き物として知られていました。当時の江戸では多くの小川に生息していた記録が残され、精力剤としても活用されていたことがうかがえます。

『我衣』という本によると、山椒魚の半身を裂いて食べ、残りの半身を水に戻すと元の体に復元したそうです。この話が流布し、山椒魚は真っ二つに裂いても元気に復活する驚異の生き物として人気を集めました。山椒魚の身を活用した強精剤も数多く存在したといわれます。

ちょっと眉唾な話もありますが、性の衰えで悩む男性が多かったのは、江戸時代も今も変わらないことがお分かりいただけたでしょう。さらに時代が進めば、今の精力剤より数段すぐれた代物が誕生するかもしれませんね。そうなることを期待しましょう。