江戸時代にもコンドーム!吉原遊女たちの真面目な避妊方法

人間は生殖行為としてだけでなく、快楽やコミュニケーションの一環としてセックスをする動物ですから、避妊というのはとても重要なことと言えます。現代においてコンドームやピルを使って望まない妊娠を防ぐというのは当たり前のことですが、江戸時代ではどうだったのでしょうか?遊女や江戸っ子たちの間で行われていた避妊方法や道具についてご紹介をしていきます。

【吉原では生でするのが当たり前】

吉原では1回目2回目は客人として扱われ酒を飲んだり会話をするくらいしかできません。しかし3回目ともなれば馴染みとして専用の部屋やお箸などが作られて疑似夫婦として扱われるようになります。江戸男子にとって吉原に自分の部屋を持ち夫婦の契りを結ぶというのはステータスの一つとも言えるものです。
夫婦ですからセックスだってすることができました。もちろん今の風俗店の様に本番禁止というわけではなく、生で挿入しそのまま膣内射精をするというものです。つまり享楽という側面はありましたが生殖行為そのもののセックスをしていたのです。
そう簡単に妊娠というのはしないものですが、膣内射精を続けていけばいずれは子供ができることだってあるでしょう。吉原では遊女たちが妊娠するというのは"恥ずかしいこと"と考えられていました。基本的に子供を産むことはもちろん、孕むことも良しとはされていなかったのです。遊女がオーガズムに達することで妊娠しやすいという考え方があったので、「プロの女として失格」くらいに思われていたのです。

【江戸時代、遊女たちの避妊方法とは?】

そうした背景がありますから遊女たちは膣内射精ではありましたが、避妊のために様々な行動をとっていたのです。最も一般的に行われていたのが膣内洗浄です。浴室やトイレなどに遊女のための洗浄場があり、そこで精子を掻きだしていました。
天女丸や朔日丸などといった現代のピルを連想させるような服用薬も存在していたようです。ただ効果のほどはなんとも微妙で、たとえ服用していたとしても妊娠してしまう遊女はたくさんいました。
他にもお灸をすることで妊娠をしないという言い伝えがあったり、片足をあげてピョンピョンと飛び跳ねる(精子を子宮に届かせないため)といった方法もありました。実際に効果があるかどうかは別として、当時は真面目な避妊方法として行われていたのです。

【江戸時代にもコンドームがあった!?】

実は江戸時代にもコンドームなどの避妊具がありました。べっ甲やなめし皮で作られたものでお湯で柔らかくした後にペニスに被せて使用していたようです。薄く延ばしたものではありますが快感度と言う点では現代のコンドームにはかなわなそうですね。
また詰め紙と呼ばれる、現代でいうところのペッサリーのような避妊具も存在していました。御簾紙と呼ばれる非常に薄くて柔らかく丈夫な和紙を膣内に入れて精液が入ってくるのを防ぐ目的で使われていたのです。
もちろん現代の避妊具ほどの効果は期待できなかったでしょうが、それでも江戸時代にも今に通じるアイテムが存在していたというのは何とも感慨深いものがあるのではないでしょうか。