吉原の遊女はいくら稼いでいた?驚くべきその年収

実家の借金のせいで親に売られ、苦界と呼ばれる吉原に身を落としたかわいそうな少女たち…。吉原の遊女に対するイメージはおよそこんなところでしょうか。何かとネガティブな印象をもたれがちな彼女たちですが、一体どれくらい稼ぎ、どんな生活を送っていたのか、あまり語られることはありません。ここでは、気になる遊女の年収についてスポットを当ててみます。

【意外?遊女の稼ぎ】

吉原で働く多くの遊女達は、親や兄弟の借金のせいで売られた悲しい娘たちでした。しかし、そこで泣きわめいても始まりません。借金を返さないことには、この世界から引退もできず、嫁入りもできません。彼女たちは覚悟を決めて、一流の遊女になるよう、多くの芸事を覚え、美しさに磨きをかけ、洒落た会話もマスターして、大人の色香を匂わす頃、客達の集う宴会場に呼ばれるようになります。

吉原で稼ぐには、とにかくひいきの客をたくさん確保することです。人気者の遊女には、いろいろな方面からご指名がかかり、正規の料金に加え私的にお小遣いやプレゼントをもらい受けるケースも少なくありませんでした。

トップクラスの遊女ともなると、年間500両を稼いでいたそうです。江戸時代の初期で、1両は10万円ほど。つまり、今の時代でいうなら年収5000万円、IT企業の社長クラスの収入は余裕で稼いでいたのです。旗本クラスの武将が年収300両ほどであったといいますから、中級武士より遊女は稼いでいたことになります。

【太夫クラスになると、まるで女王】

遊女も多くのひいき客を得て荒稼ぎするほどになると、太夫とよばれる階級まで昇進します。太夫は遊女ランクの中でも最上位に君臨し、これくらいのポジションになると、もはや女王扱いです。専用の荷馬車や、身の回りの世話をしてくれる従者もついて、相当羽振りの良い生活を送ったといわれます。

もちろん、全ての遊女が大金持ちになっていい暮らしをしたわけではありません。これらの「勝ち組」は吉原の世界でもほんの一握りで、人気と実力を兼ね備えたスター級の花魁や太夫しか味わえないステージといえるでしょう。それでも、多くの侍や町人、百姓までが利用する吉原には毎日多額のお金が落ち、遊女を抱える揚屋は繁盛しました。一般的な遊女達も、下級武士や一般庶民以上の年収を得ていたことは想像に難くありません。

【それでも借金は返せず?】

これほどの稼ぎを誇っていた遊女たちですから、「2,3年も働けば借金も完済して自由の身になれたのでは?」とお思いでしょう。しかし、これらの稼ぎのほとんどは置屋や揚屋など、遊女を抱える経営側にまわり、働き手の彼女たちの直接的な収入にならないのが実情でした。人権や、労働者の権利といった概念が存在しない時代でしたので、彼女たちを保護する制度や法律もなく、年を重ねて客を取れない年齢になるまで働くしかなかったのです。

遊女がいち早く吉原遊郭から抜け出す方法は、身請けでしょう。超得意の客を作り、揚屋に手切れ金を支払ってもらって客の旦那となるケースです。お客が惚れた相手となれば「結婚退職」という形になり、晴れて普通の女性に戻れるわけです。それにしても、遊女たちが大金を稼ぎ、真の自由を手に入れるには、相当な努力と労力が必要であったといえます。